ふるさと納税をするともれなく家電が付いてくる

コインを持つ人

節約手段としての活用

カニ

制度のポイント

ふるさと納税は節税の方法として注目されている。ふるさと納税を行うと各自治体から寄附金額に応じた返礼の品を受領することができ、これがふるさと納税制度が人気の要因となっている。寄附金額のうち、2000円をこえる部分について一定の限度額まで全額が控除され、税金が安くなる。控除の限度額は収入などによって決まるが、支払っている所得税や住民税の金額が多いほど限度額が増える。収入が多い人ほど、ふるさと納税はおすすめの制度であり、寄附を行ってお礼の品を受け取ることで節税対策とすることができる。最近、ワンストップ特例制度が設けられ、5つ以内の自治体の寄附であり、かつ一定条件を満たす場合にはこの特例を受けられるようになった。この制度を活用することで確定申告が不要となり、容易にふるさと納税を行うことができるようになった。確定申告によるわずらわしさをなくすことができるので、ふるさと納税を行ううえでワンストップ特例制度は特におすすめのシステムである。返礼の品は個々人の好みにもよるが、節約の手段としておすすめなのは米などの生活必需品である。自治体にもよるが、米の場合は1万円の寄附金額に対し10kgから20kgを受け取ることができる場合が多い。その他、肉類や魚類などの生活するうえで必ず必要となるものを返礼の品として多くの自治体が準備しているので、これらをうまく受領して活用することは、節約生活を行ううえで外せない、おすすめの選択肢である。